スムースロッド

ホンダ フリード エンジンルームから室内への配線通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリード エンジンルームからの入線5(アイキャッチ)

フリード エンジンルームからの入線1使用サイズ オレンジ突き刺し

 

オレンジ突き刺しタイプを使用し、エンジンルーム奥のグロメットを貫通させ、室内側へ配線通しする画像です。

 

 

 

 

 

 

 

フリード エンジンルームからの入線2

オレンジは、太すぎず、細すぎず、適度な強度があるため、奥まったグロメット部分も貫通させることができます。

金属ではなく樹脂製のため、先端の尖った部分が車両配線にあたっても傷つきにくく、安全に作業が出来ます。

また、三角断面形状により、摩擦係数が約1/3となり、通常の丸い形の配線通しに比べ、

非常にスムーズに入線させることができます。

 

 

 

 

 

フリード エンジンルームからの入線3

※1point アドバイス

入線時に、パーツクリーナー、ブレーキクリーナー等を吹きかけると、車両グロメットのゴムの滑りがよくなり、驚くほどスムーズに通ります。

油分が入った潤滑剤は、乾燥しにくいので、車両を汚す原因となる為、お勧めしません。

 

 

 

 

 

 

 

フリード エンジンルームからの入線4

室内側へ通ってきた画像です。

樹脂製のため、車両配線を傷つけることがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加